静岡お茶農家民宿ぬくもり園ゆるりの感想口コミまとめ

6月15日放送、テレビ朝日「人生の楽園」動画見逃し配信と視聴者の感想をまとめながら、取り上げられた西山孝氏(68)と、妻の京子氏(69)、古民家宿「ぬくもり園ゆるり」の場所アクセス方法、宿泊料金、お茶体験メニューなどについて地元静岡清水区の口コミ情報をお届けします。

Sponsored Link

人生の楽園6月15日動画見逃し配信とぬくもり園ゆるりの感想まとめ

静岡市清水区が舞台。2015年にお茶摘みと茶揉み体験ができる農家民宿『ぬくもり園ゆるり』を始めた西山孝さん(68歳)と、妻の京子さん(69歳)が主人公です。
お茶とミカン栽培の農家に生まれた孝さんは、24歳で兵庫県出身の京子さんと結婚。両親の農業を手伝いながら、一人の子供を育てます。その後、両親から農家を継ぎ、2001年にはお茶の有機栽培を始めました。
夫婦でお茶を摘むときは機械で行います。1時間で摘んだ100キロの生茶葉は、その日のうちに製茶。製茶は特殊な機械で行うので、作業は孝さん一人です。
そんな西山さんご夫婦は5年前、自宅の前にある築100年以上の離れが朽ちていることに気づき、知り合いの大工さんに改築を依頼。自宅の縁側や綺麗になった離れを見にきた市の職員に「農家民宿を始めたら」と勧められ、2015年6月、ご夫婦は農家民宿『ぬくもり園ゆるり』をオープンしました。
この日、毎年訪れるというお客さんが、お茶摘みと茶揉み体験にやって来ました。まずは「一芯二葉」という柔らかい茶葉の部分を、手で摘んでいきます。宿の夕食は、ご近所からおすそ分けしてもらった地元野菜を使った料理。その中には、摘んだばかりのお茶の葉を使った天ぷらや、茶がらの佃煮も。翌日、手揉みで6時間かけて製茶していきます。完成したお茶を試飲し、茶葉を嬉しそうに持ち帰るお客さん。翌年もリピーターとなってやって来るそうです。
お客さんが笑顔で過ごし、お茶に興味を持ってくれることが何よりの幸せだと語るご夫婦。

40代 女性 兵庫県

有機栽培にする、離れを改装する、手積みでする。自分の人生だからっと決断する事がとてもすごいと思った。
周りの押しもあってと言っていたが見ていて夫婦の人柄が優しくて落ち着く感じも伝わった。
手作りのご飯、お茶の天ぷらがすごく美味しそうで気になった。
ご夫婦はお茶が本当に好きなんだと伝わった。
体験ならやってみたいが、仕事になると大変だと思う。
好きなことだからできる、好きな事を仕事にできるのは素敵。
生き方が素敵。
体験の値段を内容を知らずにみると高いと思ったけど内容を拝見して行ってもいいかなぁっと思った。
番組を見て心が癒されて、ホッと一息、自分の人生も前向きになれた気がする。
また自分もどんな風に生きようか考えさせられた。
後、やっぱり人との繋がりを大切にしなきゃなって再認識できた。
こういう風に目的を持って生きている人はやっぱり健康で長生きできるのかなっとも感じた。

30代 女性 佐賀県

茶摘み体験なんてなかなか体験できないことですよ。
ご主人さんと奥さんの人柄がしっかりわかって、見てる側もお二人の優しさやお客様に伝えたい想いが伝わってきて、行ってみたいな、と思わせてくれました。
そして、素敵な体験とおもてなしで、心もリフレッシュしそうですね。
特に、お茶つみ・お茶の焙煎が印象に残りました!
丁寧にお茶を揉んでいて、作り手の愛情を感じました。
年男8回目のおじいちゃん、これからも元気に素敵なお茶を作り続けてほしいです!
私達が普段飲んでいるお茶も、このような生産者さんの愛情がこもってるから、ほっこりするんですね。
お値段も高いなぁぁと思いましたがこんな体験できるなら、納得です。

30代 女性 東京都

静岡市清水区にあるお茶摘み体験もできる農家民宿ぬくもり園ゆるりは、本当に家に帰ったような暖かい宿に感じました。
離れを改装して茶室などもあるそうなので、もしかしてお茶会とかもるのかな?と思いながら見ていました。
私にとってお茶はとても身近なものです。
祖父の家の近くに小さなお茶工場があり、そこの前を通るとそこらじゅうに広がるお茶の香りと蒸した時の熱さが蘇ってきました。
今はもうその工場はないので懐かしいお茶摘みを体験してみたいな、と思いながら見ていました。
あれだけ身近だったお茶ですが、お茶の葉の天ぷらは食べたことがないので気になります。

40代 女性 岐阜県

Sponsored Link

今回は静岡の農家民宿、「ぬくもり園ゆるり」を営む西山さんご夫婦が紹介されました。
西山さんご夫婦が、有機栽培に切り替えて、築100年以上の離れを改築して茶室を作り、茶摘みと茶揉み体験ができる民宿にしたという新しいチャレンジが功を奏して、多くのお客様に喜んでいただいていました。
茶揉みは6時間もかかるというのには驚きました。
手作業で丁寧に心を込めて作っているのがよくわかりました。
仕事だけでなく、ご近所付き合いやそれぞれの趣味を楽しんでいる西山さんご夫妻がとってもパワフルでした。
民宿の名前の通り、ぬくもりのあるゆるりとした気持ちになる番組でした。
久しぶりに急須にお茶の葉を入れて、ゆっくりとお茶を飲みたくなりました。

6月15日放送の動画はこちら

ぬくもり園ゆるりの場所はどこ?

静岡県静岡市清水区小河内2758

TEL:054-393-2326

ぬくもり園ゆるりの宿泊代はいくら?

チェックイン  14時
チェックアウト 11時
宿泊料金はおひとり1泊2食付で6000円(税別)
3歳以下のおこさんは無料です。

ぬくもり園ゆるりの手もみ茶づくり体験はいくら?

1泊の宿泊代と3回の食事が含まれて
おひとり15000円(税別)

手もみ興津流茶庄の指導により、ご自身で摘んだ茶葉でお茶を作ります。
また、ご自身で作ったお茶をお持ち帰りできます。

その他のお手軽な体験メニュー

えんがわ茶席(ゆるりの縁側でお抹茶を召し上がる気軽な茶席)

有機茶 ・・・ 500円/人(税別)
手もみ茶 ・・・ 1000円/人(税別)

本格お茶席(抹茶)体験  (180分)
懐石風食事の後、茶室にて茶席をお楽しみいただきます。
表千家の教授が本格的な茶席体験をご案内します。

1席 ・・・ 3,000円/人(税別)

ぬくもり園ゆるりの手もみ茶づくり体験の口コミ

ぬくもり園ゆるりの予約方法は?

直接電話のみ受け付けています。
予約電話番号:054-393-2326

公式サイト:http://nukumorien.i-ra.jp/

静岡最高級茶葉に興味ある方はこちらのページも読まれています。

後で読みたい場合は忘れない内にマーク