髪の毛の静電気がひどい!除去方法や便利グッズ教えます

冬の時期は、静電気が気になります。
特に髪の毛が長い私なんかは、
ぶわーって静電気で広がったりして、ひどいひどい。
ちょー鬱陶しいですよね・・・!

手で押さえてみても当然だめで、
結局一つに結ぶことになるんですけど、
どうにかして静電気を除去出来ないかなと思いつつ、
諦めかけていました。。。

ですが、髪の毛の静電気をその場ですぐに除去できる方法があることが分かりました!
また、髪の毛の静電気を防ぐためには毎日のケアが大切みたいです。
今回は、静電気の除去方法や、
そもそもなんで静電気が発生するのか?
などについて調べてみました。

Sponsored Link

髪の毛に静電気が発生する理由は?

髪の毛の静電気がひどすぎる

静電気が発生してしまう原因が3つありました。
共通するのは乾燥です。
静電気が髪の毛に発生する原因に加えて
対策方法も紹介していきます。

 

空気が乾燥していること

一つ目の原因は、空気が乾燥していることです。
秋から冬にかけては特に空気が乾燥していて、
髪の毛だけに限らず静電気が起こりやすいですよね。

外の空気だけでなく、室内でも暖房をつけることで
すごく乾燥してしまいます。
空気が乾燥していると、
電気がうまく逃げることが出来ずに
帯電しやすくなってしまうので、
静電気が発生しやすいのです。

 

これを改善するには、
適度な湿度を保つことが大事です。

湿度を保つ方法はいくつかありますが、
暖房を使用している間は加湿器をつけたり、
濡れタオルを室内干しすることで部屋の空気の乾燥を防げます。

また、コップに水を入れて置いておくという方法も、
加湿されはじめるまで時間はかかりますが、
一応効果はあります。

 

加湿器を使用する際の注意点は、
加湿器は定期的にお手入れして清潔に保つ必要があります。
汚い加湿器を使用し続けると、
菌を部屋中にまき散らすことと同じなので気を付けて下さい。

 

参考ページ:加湿器の手入れ方法

髪の毛自体が乾燥していること

髪の毛に静電気が発生する原因と対策

二つ目は、髪の毛が乾燥していることです。
髪の毛は良い状態であれば内部にしっかり水分が含まれて
しっとりしています。
しかし、ダメージを受けたり空気の乾燥が影響すると、
髪の毛の水分が減ってしまい、
パサパサの広がりやすい髪の毛になってしまいます。

 

どうして水分が足りていない髪の毛は
静電気が起こりやすいのかと言うと、
先ほどと同じなのですが乾燥していることで
電気が帯電しやすくなる為です。

 

髪の長い人は特に体験したことがあるのではないかと思いますが、
乾燥している髪の毛をヘアブラシなどでとかすと、
静電気が起こって一気に広がってしまいます。
摩擦が起こることで静電気が起こるのです。

小学生のころ、下敷きなんかで頭をゴシゴシすると、
下敷きに髪の毛がくっつくのが面白くて遊んだことありませんか?
あれも静電気ですね!

 

髪の毛を乾燥させない為には、
日頃のヘアケアや、紫外線から守ることが大事です。
紫外線を浴びることで、
肌と同じで髪の毛も乾燥してしまうのです!

夏の紫外線で受けたダメージが、
秋や冬になって現れてきて、
静電気により広がりやすくなる
美容師さんに聞いたことがあります。
夏はしっかり帽子を被るなどして髪の毛を守りましょう!

 

ヘアケアの方法については、下記でさらに詳しくお伝えしているのでそちらもご覧ください。

 

体内の水分が不足している

最後3つ目の原因は、
体の中の水分が不足してしまっていることです。

体内の水分が不足することで、
「帯電体質」という静電気を起こしやすい体質になってしまうのです。

 

また、体内の水分が足りないという事で
肌の水分量も減り、放電しにくくなってしまって
結果的に静電気が起こりやすくなってしまうということなのです。

 

体内が水分不足にならないよう、
冬でもこまめに水分補給することが大切になります。
涼しかったり寒い時期だと
ついつい水分をとることを忘れがちなので、
静電気がよく起こるなと思ったら、
意識して水分を取るようにしてみて下さい!

 

のどが渇いてからや、一気に飲むのではなく、
「こまめに」が大切です。

 

また、カフェインやお酒などは飲んでも
体外にすぐ排出されやすく水分補給には適していないので、
カフェインの入ってない麦茶などのお茶か、水が良いかと思います。

どこでもすぐに出来る髪の毛の静電気除去方法

それでは、静電気が起こって今すぐどうにかしたい!
という場合の除去方法です。

ハンドクリームを髪の毛につける

どこでもすぐに出来る髪の毛の静電気除去方法

乾燥する季節であれば、
ハンドクリームを持ち歩いてるという方もいるのではないでしょうか?

ハンドクリームなのに髪の毛に塗っちゃうの?
と聞いた時は少し抵抗があったのですが、
実際に塗ってみたところ、
少量を薄く塗る程度であれば全然問題ありませんでした!

ただ静電気が起こってる時に塗ったわけではないので
少しベタつきましたが、
実際に乾燥してしまっていて静電気が発生してどうにかしたい!
という時の特効薬にとても良さそうだと思いました。

Sponsored Link

ですが、やっぱり髪の毛にはヘアクリームやヘアオイルが一番なので、
小さいトラベルサイズのものや、
小さい容器にヘアクリームなどを詰め替えて
持ち歩くと便利かと思います。

水でぬらす

ハンドクリームもヘアクリームを持っていない!
またはハンドクリームを塗るのはやっぱり抵抗がある方は、
水でぬらすと良いです。

そうすると一時的に水分量が戻って静電気を除去できます。
ハンドクリームなどより手軽ですね!

しかし、これは一時的な効果しかありません。
水が乾くと、また再び静電気が起こるかもしれないので、
あくまでも応急処置のような感じで試して下さい。

髪をしぼる

ハンドクリームもヘアクリームもなくて水もないとなると、
試してみて欲しいのが「しぼる」です。

方法はそのままで、
髪の毛をまとめてぎゅっとしぼるだけです!
そうすると、髪の毛の静電気を逃がす事が出来て
静電気がマシになるかもしれません!

スカートの静電気にも同様の方法で効果がありますよ。

ですが、これはあまり強い静電気には効きにくく、
逆にもっと髪の毛が広がってしまう場合もあるので
注意してください。

髪の毛の静電気を防ぐには日頃のケア!

髪の毛の静電気を防ぐには日頃のケア

先ほど、髪の毛自体が乾燥していると
静電気が起こりやすいとお伝えしました。
髪の毛の乾燥は毎日のケアで
防ぐことが出来るのでご紹介していきます。

ヘアミストなどを使って保湿する

毎日、シャンプーやコンディショナーまたはリンスまでは、されている方がほとんどかと思いますが、
これに加えて、洗い流さないトリートメントやヘアミスト、ヘアオイルまたはヘアクリームをつけることで
髪の毛に潤いを与えてくれ、
乾燥を防ぐことが出来ます。

また、これらはドライヤーの熱によるダメージから
守ってくれる効果もあるので、
髪を洗ってタオルドライした後、
ドライヤーをする前につけましょう。
更に、お出かけ前の髪の毛をセットする前につけると
外出中も潤いを保ってくれるので良いです。

スプレーやクリーム、オイルなど種類は様々なのですが
オイルが一番保湿力は高いです。
ですが、べたつくのが苦手な方は
スプレータイプやクリームのものをおすすめします。

私は、冬場はオイルのものを使っていて、
夏場はクリームタイプを使用しています。
そして出かける前はスプレータイプを使うなど、
その時によって使い分けています。

シャンプー、コンディショナーを保湿力のあるものに

シャンプーやコンディショナーを
保湿力のあるものに変えるのも良いです。

しっとりタイプとか書いてあるものが
さっぱりタイプと書いてあるものより保湿力があります。

しっかりドライヤーをする

ドライヤーの熱で髪が傷むこともありますが、
使い方に気を付ければ大丈夫ですし、
濡れたまま寝る方が傷むのでしっかり乾かしましょう。

まず乾かす前にタオルドライをしっかりします。
長時間ドライヤーを当て続けると
熱で髪の毛にダメージを与えてしまうので、
短時間でささっと乾かせるようにします。

次に、先ほどお伝えした通り
ヘアミストなどで髪の毛を
しっかり熱から守りつつ保湿します。

そしてドライヤーは髪に近づけすぎず、
出来れば20センチ以上は離して乾かしましょう。

便利な静電気対策グッズ!

最後に、静電気の対策におすすめなものをご紹介します。

イオン機能のあるドライヤー

髪の毛は必ず乾かしましょうとお伝えしました!
その際使うドライヤーは、
「イオン機能」がついていると更に髪の毛に良いです。
傷みにくく、乾かした後の髪の毛の触り心地が全然違いますよ。

そして、イオン機能がついているドライヤーは、
髪に帯電している電気のバランスを整えてくれる効果があるので、
静電気が起こりにくくなるのです。

髪の毛にも良くて、
静電気を防げるのでとても便利なアイテムですね!

木製のブラシ

静電気除去が出来るアクセサリーや小物

ブラッシングをするとぶわーって
一気に広がる経験したことがありませんか?

プラスチックのブラシは摩擦で
静電気が起こりやすいのです。

しかし、木製のブラシであれば
静電気が起こりにくくなるそうです。
また、その他には豚毛のブラシも良いですよ。
更に、静電気防止用のブラシまで今はあるみたいです!

プラスチックのブラシよりは値段も高くなっていますが、
ブラッシングの際に静電気が起こって悩んでいる方は
思い切って買い替えてみるのも良いと思います。

静電気対策が出来るアクセサリーや小物

つけておくだけで静電気を防いでくれるアクセサリーが売られているの知っていますか?

わたしはブレスレットタイプのものを使用したことがあるのですが、
見た目は普通のブレスレットみたいな感じで、
心なしかつけていると静電気が起こりにくかったです!

髪の毛に直接効果があるわけではないですが、
ドアノブを触ったときにパチッとくる静電気なんかを防止してくれますよ。

私は雑貨屋さんやアクセサリーの売っているお店で買いましたが、
ホームセンターや100均などにもありましたよ。
また、静電気防止用のシュシュもあるので、
それだと髪の毛に直接効果がありそうですね!

まとめ

秋から冬の乾燥する季節は、
静電気から逃れられないと諦めかけていましたが、
その場で簡単に除去できる方法があることが知れました!
水だけで出来る方法も簡単ですし、
これからはヘアクリームを持ち歩こうと思います!

日頃のケアや、除去グッズなどを取り入れて、
静電気とおさらばしてください!!

後で読みたい場合は忘れない内にマーク