髪の毛洗ったのにベタベタな時の応急処置3選

ちゃんと洗ったはずなのに、髪がすぐべたつく。洗っても脂っぽい・・・なんていうこと、私だけじゃないはず。

髪の毛がベタつくと、髪全体のボリュームが下がってしまったり、何より不潔に見られてしまうようなことにもなりかねません。
そんなピンチを脱する応急処置や、私がしている日ごろケアしていることシェアします。

Sponsored Link

髪の毛ベタベタ解消3つの応急処置

髪 洗ったのにベタベタ

お出掛け中や仕事中に髪の毛がベタベタしていることに気が付いたら、ショックですよね。
今すぐにどうにかしたい!と思うはず。
そんな時にすぐに試せるベタつき解消法をいくつか厳選しました。

あぶらとり紙で拭く

髪の毛の油分を取り除くことで、ベタベタ感はかなり解消されます。
そこで、油分を取ることに特化した『あぶらとり紙』でベタつきが気になる部分を拭くことで、サラサラ髪に戻すことが可能です。

あぶらとり紙でやさしく髪を挟むようにして拭いていきます。
あまり強く拭きすぎると髪の毛が傷んでしまうので注意が必要です。

ティッシュペーパーやハンドペーパーでも代用可能です。

ドライシャンプーを使用

ドラッグストアなどで購入することができる『ドライシャンプー』ですが、これが髪の毛のベタベタにとても効果的なんです。

スプレー型のシャンプーですが、普通のシャンプーと違い洗い流す必要が無いので、出先でも使用することができます。
ベタつきが気になる頻度が多い方は鞄に常備しておくのもいいかもしれません。

ベビーパウダーをつける

赤ちゃんのお肌をサラサラに保ってくれる『ベビーパウダー』ですが、髪の毛もサラサラに保ってくれる優れものなんです。
ベタベタが気になる部分に直接ポンポンとつけるだけで、ベタベタが解消されます。
髪の毛になじませることで、パウダーの白さは消えるので、多少つけすぎても大丈夫です。

Sponsored Link

【学生必見】前髪割れベタベタオイリー前髪が家にあるもので簡単に蘇る方法!ふわふわ前髪の作り方!学校にも!

髪の毛がベタベタする原因

髪洗っても脂っぽい

いくつかベタつき応急処置を紹介しましたが、髪の毛のベタつきの原因がわかれば対処法も広がりますよね。

先程の応急処置の仕方で感づいた方も居るでしょうが、原因はズバリ『皮脂』です。

体から出る脂で、髪の毛がベタついてしまっていたのです。
体質によるものだったり、食べ物が元になっていたり、頭皮に汚れが溜まっていたりと理由は様々です。

前髪がベタつきやすいのは、おでこの皮脂がついてしまうことが一番の原因となっています。

皮脂というのは、ベタベタの原因にもなっていますが、臭いの原因にもなってしまうので注意が必要です。

余分な皮脂を予防するには

髪を乾かすとべたつく

髪の毛のベタベタぼ原因は皮脂ですが、皮脂を無くしすぎてもよくありません。
何故なら、今度は逆に髪の毛やお肌がパサつくようになってしまうからです。

それでは、皮脂を適度に予防するにはどうすればいいのでしょうか。

シャンプーを変える

自分に合ったシャンプーを選べている場合は良いのですが、自分に合っていないと皮脂を抑えることができません。

髪の毛のベタベタが気になる人におすすめなのが、『石油系』『クレンジング』のシャンプーです。
優しく、しっかりと時間を掛けることでより効果が得られます。

食生活を整える

脂っこい揚げ物やお肉ばかりを食べていると、皮脂も増えてしまいます。
野菜を取り入れた、バランスの良い食事を心がけることで、髪のベタベタを防ぐことはもちろん、体全体のバランスを整えることもできるので一石二鳥です。

まとめ

髪のベタベタにお悩み、良い解決法は見つかりましたか?
爽やかで清潔な髪の毛を維持できれば、気持ちのいい毎日を過ごせること間違いなしです。

日頃から、簡単なケアを続けるだけで悩みがひとつ無くなるなら最高ですよね。
ベタベタヘアーから脱出して、周囲が憧れる、サラサラヘアーを目指します。

こちらもよく読まれています>>髪の毛を洗わない美容って?


炭酸頭皮クレンジングシャンプー

後で読みたい場合は忘れない内にマーク