コーヒーを飲むと胃が痛いし気持ち悪い!意外な胃痛の治し方

仕事中や休憩中など、
コーヒーはなにかと良く飲むのですが、
たまに胃が痛くなるんです・・・
しかも気持ち悪くて吐きそうになります。。。

特に食べ過ぎているわけでもないし、
考えられる原因といえば
コーヒーなのですが、
コーヒーで胃痛が起こる原因って何なのでしょうか?

なんとなくカフェインって
胃に良くなさそうなイメージですよね。
また、仕事中なんかは
意識せずに飲みたいだけ飲んでいるので、
ついつい飲み過ぎてしまっているのかもしれません。

実際はどんな原因があるのでしょうか。
今回は、コーヒーを飲むと胃が痛くなる原因について調べてみました。
また、胃が痛いと仕事にも集中出来ないし辛いですよね。
なので、胃痛を防ぐ方法や起こってしまった時の治し方などもご紹介します!



コーヒーで胃が痛いその原因とは?

コーヒーを飲むと胃が痛くなるのは、
いくつか原因があるのですが、
大きく分けるとコーヒーに含まれる成分が原因なのと、
コーヒーの飲み方が原因の2つのパターンがあります。

コーヒーで胃が痛いその原因とは?

成分が原因

まず、コーヒーに含まれる胃痛の原因となる成分というのが
「カフェイン」と「クロロゲン酸」です。
カフェインは良く耳にすると思いますし、
どういうものなのかもなんとなく知っているかと思います。

カフェインはご存知の通り覚醒作用があり、
交感神経を刺激することで
眠くなりにくくなったりする効果があります。
そして、それだけではなく
胃酸を分泌させる作用もあります。
なので、コーヒーを飲み過ぎてしまったり、
胃に何も入っていない状態で
コーヒーを飲んでしまうと、
胃酸が分泌されすぎてしまい、
胃が荒れて、胃痛が起こってしまうのです。

次にクロロゲン酸についてです。
こちらは少し聞きなれないかもしれませんが、
ポリフェノールの一種です。

「抗がん」
「中性脂肪を低下」
「活性酸素を抑える」
この3つの作用があります。

一見身体に良さそうなのですが、
カフェイン同様こちらも
胃酸を分泌させる作用もあるので、
胃が空っぽの状態で飲んでしまうと、
胃酸が分泌されすぎてしまい、
胃が荒れて、胃が痛くなることがあります。

飲み方が原因

飲み方が原因というのは、

・胃に食べ物が何も入っていない状態で飲む

・タバコを吸いながら飲む

・一気にたくさん飲む

というような飲み方をすると
胃が痛くなることがあるみたいです。

まず、先ほどもお伝えした通り、
胃に何も入っていない状態だと
カフェインやクロロゲン酸の作用により
胃酸が分泌されすぎてしまうため良くないです。

そして、タバコを吸いながら飲むのが
なぜ良くないのかというと、
タバコを吸う事で
胃粘膜の血の流れが悪くなり、
防御機能が弱まってしまいます。
そのタイミングでコーヒーを飲み、
胃酸が分泌されると
胃の中が荒れてしまい、
胃痛が起こります。
コーヒーを飲みながらでなければ良いというわけでもなく、
胃が痛くなるという人は
特に前後1時間はあけた方が良いと思います。

そして飲みすぎは当然良くないです。
カフェインもクロロゲン酸も、
そこまで摂取しすぎなければ問題なくても、
摂取しすぎることで胃痛が起こってしまいます。
なので、結局は飲みすぎが一番の原因だということですね。
コーヒーに限らず、何でも飲みすぎ食べ過ぎは良くないですね。

コーヒーは1日に何杯まで?3杯までです。

コーヒーで胃が荒れる

飲みすぎは良くないと言っても、
何杯までなら良いのか分からないですよね。
人それぞれ基準も異なると思います。

しかし、一般的には
4杯以上になると飲みすぎだと言われています。

Sponsored Link

出来れば1日に飲む量は1、2杯にして、
多くても3杯くらいまでにしましょう。
コーヒーを飲み過ぎてしまうと、
胃痛だけではなく腹痛・下痢、
反対に便秘や夜眠れなくなるなど
さまざまな良くない影響が起こってしまいます。

また、日常的にコーヒーの飲み過ぎが続くと
カフェイン中毒になる場合もあるので注意して下さい。

空腹の時にはコーヒーは飲まない!

 

目を覚ますために朝起きて
一番はじめにコーヒーを飲むという方や、
仕事の気合を入れるために
コーヒーを飲むという方は
胃に何も入っていない状態で
コーヒーを口にしてしまうことも多いかと思います。

そうではなく、
コーヒーを飲むタイミングは
必ず何かを食べながら、
もしくは食後にしましょう。
これだけで胃が痛くなるのを防ぐことが出来ます!

コーヒーに食べ合わせると良いもの

コーヒーに食べ合わせると良いもの

コーヒーと合わせて食べる・飲むのにおすすめなのが、
油を使っていないクラッカーやカステラ、
そしてミルクです。

油を使っていないクラッカーやカステラは、
コーヒーと一緒に食べることで、
胃の中でコーヒーを吸収するので
胃への刺激を抑えて、
胃酸を分泌しすぎることを防いでくれます。

そしてミルクは、
牛乳に含まれるカルシウムが
胃酸を中和してくれて、
タンパク質が胃の粘膜を保護してくれるため、
胃が痛くなるのを防いでくれます。

ブラックコーヒーではなく、
ミルクを加えてカフェオレにすると
胃に優しくておすすめということです!
普段はブラックの方が好きなんだけど・・・
という方も、「胃の調子が悪いけれどコーヒーを飲みたい」
という時だけでも試してみて下さい!

コーヒーが原因で胃が痛い時の治し方

コーヒーが原因で胃が痛い時の治し方

飲み過ぎは良くない、
胃が空っぽの時は良くない、
と分かっていても
習慣を変えるのは難しいので、
ついつい飲み過ぎて胃が痛くなってしまった・・・
という方は、これからご紹介する方法を試してみて下さい。

まず、食事の前に胃が痛くなった時は、
胃痛が落ち着くまでの間
食事は少し我慢しましょう。
そして、胃に優しい飲み物を飲みましょう。
白湯やホットミルクなどがおすすめです。

ホットミルクは特に、先ほどご紹介したように
タンパク質が胃の粘膜を保護してくれるので
胃痛に効果が期待出来ます。

白湯やホットミルクを飲んで
少し落ち着いたら、
納豆やオクラを食べると良いです。

そして、胃が痛くなった時は
なるべく脂っこいものなどは控え、
胃に優しい食事を心がけましょう。

コーヒーを飲むと胃が痛い時のまとめ

胃が痛くなる原因は、

飲みすぎや空腹時に飲むことで
コーヒーに含まれる成分である
カフェインやクロロゲン酸が
胃酸を分泌しすぎてしまう。

タバコを吸いながらや、
コーヒーを飲んだ前後にタバコを吸うと、
胃が痛くなりやすい。

ということでした。

胃が荒れないようにする予防策は、

コーヒーを飲む量は1日に3杯以内にする。

コーヒーは食後、
または油を使っていない
クラッカーやカステラを一緒に食べる。

ミルクを混ぜる。

これらをすると防げるということでした。

胃痛の治し方は、

白湯やホットミルクを飲んで、
納豆やオクラを食べて胃を休ませる。

以上になります!

こちらも参照>>今までのコーヒーと全然違うめちゃくちゃ美味しいコーヒー

後で読みたい場合は忘れない内にマーク